• Bacca

  • Information

    気ままなお題サイト

    言葉:ご自由にお使いください

    化石化したお題

    写真:利用はご遠慮ください

    Bacca / 液果

    url:harunohara.strikingly.com

    (un) link free

    owner : 春原

    twitter(更新通知)notebook

  • LOG

    もう通行人ではいられない

    わたしの春を青くしたひと
    花になるための呪文
    あなたの涙をためる池

    愛では済まされないものの幾つか
    きみのその甘さがアイラインを滲ませる
    あしたの底をかき混ぜる

    まだ春の鼓動を知らない

    祈らずとも朝日はやさしい
    胸に一番星を抱いて生まれてきたひと

    いとしくって反吐がでるね

    きみを弱くする3つのこと
    daydream-cinema
    あなたの形をおしえてよ

    アンチ・アンビバレンス

    なんてすてきな同族嫌悪

    二人の過ちには名前がある

    きみのこころの壁に穴をあける仕事
    花冷えの夜半
    夜明けのすきまを縫いとめて
    わたしの地獄にきみはいない

    一等賞のブローチが欲しい

    欠けた月に貼るふせん

    ぼくら奇跡の星生まれ

    まつげが刃にかわるとき

    可愛い子には狩りをさせよ

    さよなら△ またきて死角

    あなたの思考の切れ端がほしい

  • 花の獣

    どうせって笑うきみと、どうかって祈るぼく

    何かを失うのに最適な日
    ワールズ・エンドは仮眠室で
    いつくしみの美学
    きみのベースラインじゃ響かない

     

    いつかの無垢を抱きしめる
    震えるこころはいつも二つ
    フェイクファーに潜める純真
    絶対不可侵のひと部屋

    ナントカ小惑星で心中しようよ

     

    誰も彼もが天使をさがす日
    内出血だからきっと誰も気づかない
    名前もないところから壊死していく


    さみしい夜の片隅に 振りかけたグラニュー糖には気づかぬふりして

  • yoru

    星になるための仮眠

    最高にハッピーでくだらない話
    夏の薄片を探しに
    天使不在の裏庭より
    ぜんぶ嘘でいいのに

    あなたはまだ歯の立て方も知らない

    あなたの化石を信じてる

    恋の方程式は導けない
    あなたを想えば冷える爪先
    ロマンス開始の密約書
    きみのやさしいを咀嚼する
    夜明けのリネン室でこの世のおわりを見た

  • 2018

    祈るように宛名を書いた

    きみの角を丸めたら

    口実のなる木

    愛は三秒ルール

    恋を飽食する季節

    ありあり触れたい

    草臥れた襟ばかりを思い出している
    結晶化して嫌いな物の名前を付けた

    向こう岸であの子の睫毛が燃えている

    いつかこの恋が終わる瞬間を夢見ている

    もしもの番人

    空き地図
    無菌室でのいつかのキス
    いつでも幸福課

    秋秋しちゃう
    愛ではない何かを受信してしまった

  • さ 咲くも咲かないもきみが決めて
    よ 夜を濾したら
    な 夏のとなりで寝息を立てる
    ら 落丁を知らないあなた

    へ 変容する細胞
    い いつか綺麗なさよならを
    せ 静止した朝の消えない温もり
    い いたみの閾値を確かめて

  • 2019&2020

    冬のお題

    Photo by Jonathan Knepper on Unsplash

    鱗粉の足らない夜

    いとしさの保温器

    ほんの1カラット足りない煌き

    下瞼にはうそも隠せる

    星の位を結ぶひと

    満ちても欠けてもやぶれても

    しあわせの熱分解性

    銀河に横たわる不自由を運命と呼ぶの

    ミラーボールの鏡を1枚ずつ剥がしていくように

    規則正しく眠る香水瓶に夢を見ていた17のころ

    みっつの視線が解れるところ
    もう焦がすこともない朝焼け
    火廻り(himawari)
    スカラップの隙間に降る雨
     くどくど口説く
     希釈したのに傷に沁みる
    鎖骨の池にも星くずは降る
     洗いたての素直でもてなす
    文句ひとつ届けるために要る花束
     ぼくら二重の膜を隔てただけさ
    氷中落果
     月欠けのバラッド
     余熱で頬も焼けてしまいます
    ジャム瓶の底で聞いた話
    きみの花を冥土に咲かせる
    この風はふたり乗りです
    爪先で銀河が爆ぜる
    プラネタリウムを閉じ込めた瞳が揺れる
    誰の一番星になるかはきみが決めて

    あの嘘が雨で剥がれてしまっても

     手に持てる宝石の数は決まっているから
     ときめき成分配合(ラメ入り)
     つめたいを言い訳にできない
     あなたと落ちる、椿になって

    確かにあったぴかぴかの傷

    うまく均して恋を型抜く

    進化したきみは静寂を忘れた

    何度も枯らしたその花の名を知る

    ぼくの叡智を呪え

    コンパスの指す方角に貴方はいない

  • Mailform

    お返事はこちらで行っています。